大和商会|インテリアミラー・デザインガラス

インテリアミラー・デザインガラスの施工・販売

Glass case

2018-04-14

2月に冬季オリンピック、3月にセンバツ高校野球、4月にプロ野球開幕。

そして6月には待望のワールドカップが始まります。

スポーツ好きの私にとっては楽しみがいっぱいの2018年。

ワールドカップ日本代表の躍進に期待して、大いに盛り上がりたいなと思います。

 

さて、今回はガラスケースについて書きたいと思います。

弊社では特注サイズでのガラスケース製作のご依頼をいただくことがあります。

お店で商品をディスプレイするためのケースがほとんどですが、

個人のお客様で、ご自宅で記念品やコレクションを展示するためのケースをご発注いただく場合もあります。

工場でケースを組んでいる様子がこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとつガラスケースと言っても、ケースのサイズや形状・どんなものをディスプレイするかによって、

ガラスの厚みや種類がちがってきます。木枠や金物がまわっているようなケースもあります。

一般的なガラスケースは、透明の板ガラスを使うことが多いのですが、

例えば、アクセサリーや高級な貴金属などを扱う店舗やアパレルブランドでは、

同じ透明のガラスの中でも、ひときわ透明度が高い「高透過ガラス」を使っていることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

高透過ガラスは、通常のフロートガラスに比べてガラス特有の青みが抜けて、透過率が高いので、

ケースの中の商品の内容がより美しくディスプレイされます。

一流ブランド店や百貨店なんかでは、このガラスが使われることがよくあります。

写真のいちばん下が、一般的に窓ガラス等でも使われる透明のガラス(フロートガラス)。

それ以外は高透過ガラスです。同じ透明ガラスでも、実は透明度に違いがあります。

 

もうひとつ、博物館や美術館などでは「低反射ガラス」が使われることがあります。

ガラスの性質である「映り込み」をできるだけなくしたガラスで、鑑賞物をよりクリアに表現できます。

メーカーカタログはこちら≫



このガラスはケースだけでなく、店舗のショーウィンドウなどでも採用されていて、

自動車ディーラーやブランドショップで見かけることが多くなってきました。

 

商品をディスプレイするために使われる透明のショーケース。

ショッピングをしていて、綺麗に作られているケースを見つけると、

商品よりもガラスについ目がいってしまうことがあります。

おしゃれな枠付きのものやLED照明をうまく使ったケース、

金物を使用して便利に使えるガラスケースなど、

多種多様なガラスケースが存在します。

機会があれば、また紹介していきたいと思います。

 

今井 樹

バナー
バナー

Facebook

事業内容

画像
壁素材でインテリア空間をデザイン。フレームレスミラーも人気です。
画像
新しい質感でインテリア空間をコーディネイト。ステンドグラスも。
画像
大阪市内にある完全独立のショールームでは新しい素材が常にそろう。